【民泊いたずら】ネイルサロンで働く20歳の女の子に睡眠中に痴漢して電マ当てたら激しく痙攣しながらイっちゃったのでまんこに精子ぶっ

この子は北関東にあるネイルサロンで働く20歳の女の子です。
愛嬌のあるかわいらしいお顔に明るくて快活な性格の良い子でした。
話し方や雰囲気もまだまだ子供っぽいところがありかわいらしかったです。

元々ネイルが好きで高校を卒業してからすぐに地元のネイルサロンで働いていたようです。
ネイリストは資格が無くても大丈夫らしいのですが、将来のことも考えて就活などに有利な資格の1級を取得したというので勉強熱心さが伝わってきます。
ゆくゆくは独立して自分でやっていきたいという将来性も見据えているというのは若い女性にはなかなかいないですよね。
まだまだあどけない見た目とは裏腹にしっかりとした内面を感じ取れます。

さりげなく彼氏がいるのか聞いてみる学生時代から付き合っている男性がいるみたいでした。
彼氏はまだ大学生みたいですが、忙しい合間を縫って愛を育んでいるようです。
しっかりと青春していて羨ましいですね。
私にはそんな青春はありませんでしたから…。

私の青春を取り戻すために夕食にラリホーを仕込んであげます。

折を見てそっと部屋に入っていくとちゃんと布団に入ってぐっすりと眠っています。
寝顔はあどけなくて天使のようにかわいらしいですね。
少し様子を見ながらそっと布団を捲り上げてみると、黒いキャミソールを着ているようです。
柔らかそうな二の腕をそっと撫でてみます。
しっかり眠っているようでしたので乳房の谷間を慎重にツンツンしてみます。
なかなかのボリュームでおっぱいの柔らかな感触がたまりません。

さらに布団をまくって下半身も露出していきます。
パンティの中に手を突っ込んでボリューミーなお尻を直接撫でまわしてしまいました。
手の平に吸い付くような素晴らしい触り心地をしております。

キャミソールの肩紐をズラしていくとキレイな乳首ちゃんが簡単にプルンと飛び出してしまいました。
たまらず手の平で優しく乳房を包み込みます。
両方とも胸を露出させて生乳をたっぷりと揉みしだきます。
柔らかくもハリと弾力のある素晴らしい触り心地です。
眠っていても性的な刺激を感じているのでしょうか。

確認するためにたっぷりと唾液を染み込ませたおじさんの舌で、コリコリになっている乳首をゆっくりと舐め上げます。
舌先が乳首に触れると、眠っていながらも身体をビクつかせながらいやらしい声が漏れてしまっています。
豊満な乳房に顔を埋めてねっとりと乳首に舌を這わせると、身体を小刻みに震わせながら「んっ…あぁっ…」と呻くように感じている様子がかわいすぎます。
身体をビクビクと震わせながら乳首を硬くしていく様子が最高に興奮します。

白くて柔らかい太ももにも手を這わせながら、慎重に脚を開かせて股間を弄びます。
柔らかな内ももを揉みながらプリっと突き出した股間にも指を這わせます。
さらに柔らかいぷにぷにのおまんまんの感触が伝わってきます。
パンティを脇から捲ってみると、肉厚なパイパンおまんこが丸見えになってしまいました。
ピンク色の大陰唇を指で広げてみると、しっとりと潤った小陰唇、さらにはクリトリスまで丸見えになってしまいました。

愛おしくなってしまったのでクリトリスにもむしゃぶりついてしまいました。
舌先が触れると先ほどよりも大きく身体をビクビクと震わせています。
舌先でチロチロと刺激しながら口内に含んで吸い上げます。
切なげな喘ぎ声を出しながら悶える姿がとても興奮してしまいます。
彼女もおまんこから愛液が溢れ出し、私の唾液と混ざってぐちょぐちょになってしまいました。

さらに電マを取り出して彼女のクリトリスに押し当てます。
スイッチを入れると身体を硬直させながらさらに激しく喘ぎだしてしまいました。
だいぶ欲求不満だったみたいですね。
きっと気になっている男性とはまだセックスしていないのでしょう。
しばらく電マを擦り続けていると、大きく喘ぎながら身体を激しく痙攣させておりました。
おそらくイってしまったのでしょうか。

彼女の唇にもむしゃぶりつきます。
寝ていることなどお構いなしに彼女の唇におじさんの唇を押し付けます。
かわいいお顔に汚い舌を這わせて、唇の間から強引に舌をねじ込みます。
何も気づかず天使のような寝顔の女の子の口内に、無理矢理おじさんの唾液を流し込みます。
かわいい唇がベロベロと舐めまわされてベトベトになってしまいました。

ビンビンに勃起したちんぽを取り出すと、彼女の手を取りしっかりと握らせてゆっくりとシゴかせます。
柔らかな手の平に包み込まれた肉棒はさらに熱く脈打ちます。
我慢汁が大量に溢れてしまったので彼女の唇に強引に擦り付けます。
ウルウルのかわいい唇におじさんの我慢汁がたっぷりと付着していきます。
さらに口内に肉棒をねじ込んでたっぷりと子種を送り込みます。
かわいいお顔の上にまたがって喉の奥まで激しくピストンしてしまいました。
苦しそうに呻く声でさらに股間は硬くなっていきます。

もう我慢の限界だった私は彼女の後ろの添寝し、真っ白なお尻にもちんぽを思い切り擦り付けます。
柔らかなおっぱいを揉みしだきながら我慢汁でべとべとの肉棒を彼女の真っ白な柔尻に何度も何度も激しく擦り付けてしまいます。
そのまままるでセックスしているかのように腰を動かしながら、彼女のおっぱいにむしゃぶりつきます。
そのまま正常位のような体勢になり、直接彼女の股間に肉棒を擦りまくります。
パンティとアソコの摩擦を楽しみながら愛のあるキスを交わし、乳首もたっぷりと舐めながら激しく腰を打ちつけます。

今度は上を向かせて脚を開かせ、股間にも肉棒を押し付けて擦り付けます。
パンティと股間の間に肉棒を挟み込み、まるで愛し合うカップルのようにキッスをしながら激しく腰を動かしてしまいました。
彼女の太ももと股間で肉棒を挟むと本当にセックスしているかのような錯覚を覚えます。
そうこうしているうちにもう肉棒はパンパンに腫れ上がり発射寸前です。
最後は彼女のおまんこめがけて大量のザーメンをぶちまけてしまいました。
ものすごく興奮していたため非常に多くの精子が発射されているのが分かります。
彼女の大事な部分にべっとりと張り付いた濃厚な精子が流れていきます。
べっとりと染み付いてしまった精子をティッシュで丁寧にぬぐい取り、彼女のキャミを戻して布団をかけて何事もなかったかのように撤収しました。

フォーマット:MP4
時間:27分21秒

 

 

                                         You must Log In or Register to Access this content 

 

 

0

Comments are closed.