【民泊いたずら】マ〇イのデパートで美容部員として働く21歳の女の子に睡眠中に痴漢して電マ当てたら痙攣しながらイっちゃっのでまんこ

この子はあの有名なデパートのマ〇イに入っている化粧品店で美容部員として働いている21歳の女の子です。
あどけなさの残るかわいらしい顔立ちながらも上品で丁寧な立ち居振る舞いが素晴らしいです。
やはり大手デパートの従業員の教育は厳しいのでしょうか。

美容部員というのは化粧品メーカーの顔ということもあり、非常にキレイな女性が多い印象を受けます。
私も暇な時間にデパートの化粧品売り場を無駄に徘徊しているのですが、どこのお店にも美しい女性が多く見ているだけでムラムラしてきます。
お顔がキレイなだけでなく、あのキリっとした仕事ができるビジネスウーマン的なルックスが私の股間を躍動させるのではないでしょうか。

彼女もまさにそのオーラを纏っており、若くてかわいらしいのにしっかりとした性格で愛嬌もあり非常にソソリます。
このきめ細やかな肌に触れてみたい、うるうるの唇にキッスしたい。
おじさんの性欲を叶えるために夕食にラリホーを仕込んであげます。

折を見てそっと部屋に入っていくと布団にくるまるようにしてぐっすりと眠っています。
寝顔はあどけなくて天使のようにかわいらしいですね。
少し様子を見ながら布団をゆっくりと捲り上げ、真っ白なスラっとした二の腕にそっと手を這わせていきます。
タンクトップの上から乳房のあたりに手の甲を押し付けると、ノーブラの柔らかな感触がはっきりと伝わってきました。

胸元を引っ張ると真ん丸のキレイな乳首が丸見えになってしまいました。
小ぶりですが形といい色といい申し分ありません。
たまらず指でキュッと摘まんでみると、違和感を覚えたのかもぞもぞと動き出したので一旦退避します。

さらに布団を捲って下半身の方に移動します。
真っ白でキレイな太ももにプリっと突き出された桃のようなお尻が丸見えです。
たまらず撫でさすりながらペロリと舌を這わせてみます。
まるで上質なプリンのような舌触りが最高です。

彼女のタンクトップを下から慎重にまくり上げると、とてもキレイなおっぱいが丸出しになってしまいました。
ピンク色の乳輪にコリっと硬くなっている乳首が非常にいやらしいです。
乱暴に乳房を揉みしだきながら柔らかん感触を十分に楽しませてもらいます。
たっぷりと唾液を含んだおじさんの舌でピンク色の乳首にむしゃぶりつきます。
「うぅ…んっ…」とうめき声を出しながら時折身体をビクつかせているのは感じてしまっているのでしょうか?
何度も何度も舐め上げられ、ぬるぬるの汚い唾液いっぱいの舌先で乳首をころころと転がし口内に含んで激しく刺激し続けます。
敏感な乳首がどんどんと硬くなり、気持ちよさそうな喘ぎ声に変わってきました。

愛おしくなってしまったので彼女の唇にもむしゃぶりつきます。
寝ていることなどお構いなしに彼女の唇におじさんの唇を押し付けます。
かわいいお顔に汚い舌を這わせて、唇の間から強引に舌をねじ込みます。
何も気づかず天使のような寝顔の女の子の口内に、無理矢理おじさんの唾液を流し込みます。
かわいい唇がベロベロと舐めまわされてベトベトになってしまいました。

白くて柔らかい太ももにも手を這わせながら、慎重に脚を開かせて股間を弄びます。
柔らかな内ももを揉みながらプリっと突き出した股間にも指を這わせます。
さらに柔らかいぷにぷにのおまんまんの感触が伝わってきます。
パンティを脇から捲ってみると、キレイに処理されたパイパンおまんこが丸見えになってしまいました。
ピンク色の大陰唇を指で広げてみると、しっとりと潤った小陰唇、さらにはクリトリスまで丸見えです。

愛おしくなってしまったのでクリトリスにもむしゃぶりついてしまいました。
舌先が触れると身体をくねらせながら淫靡な喘ぎ声が出てしまっております。
どんどんと呼吸が荒くなり、激しくなっていく喘ぎ声に興奮が高まってしまいます。
おまんこからは愛液が大量に溢れ出していたので、ゆっくりと指を挿入してGスポットのあたりを優しく攻め上げます。
腰を浮かせて激しくガクガクと震えながら感じてしまう彼女が最高に愛おしいです。

さらに電マを取り出して彼女のクリトリスに押し当てます。
スイッチを入れると身体を硬直させながらさらに激しく喘ぎだしてしまいました。
仕事が忙しくて欲求不満だったのでしょうか。
しばらく電マを擦り続けていると、大きく喘ぎながら身体を激しく痙攣させておりました。
おそらくイってしまったのでしょうか。
なんともいやらしい娘さんですね。

ビンビンに勃起したちんぽを取り出すと、彼女の手を取りそっと触らせてみます。
すると寝ているはずの彼女の手が物欲しそうに私のちんぽをゆっくりと扱きだしてしまうではありませんか!
おそらく彼氏とセックスしている夢でも見ているのでしょうか?
こんなにかわいい女の子が無意識ながらもちんぽを撫でさすってしまうとはとんだスケベですね。

柔らかな手の平に包み込まれた肉棒はさらに熱く脈打ちます。
我慢汁が大量に溢れてしまったので彼女の唇に強引に擦り付けます。
ウルウルのかわいい唇におじさんの我慢汁がたっぷりと付着していきます。
さらに口内に肉棒をねじ込んでたっぷりと子種を送り込みます。
かわいいお顔の上にまたがって喉の奥まで激しくピストンしてしまいました。
苦しそうに呻く声でさらに股間は硬くなっていきます。

もう我慢の限界だった私は彼女の後ろの添寝し、真っ白なお尻にもちんぽを思い切り擦り付けます。
柔らかなおっぱいを揉みしだきながら我慢汁でべとべとの肉棒を彼女の真っ白な柔尻に何度も何度も激しく擦り付けてしまいます。
そのまままるでセックスしているかのように腰を動かしながら、彼女のおっぱいにむしゃぶりつきます。
そのまま正常位のような体勢になり、直接彼女の股間に肉棒を擦りまくります。
パンティとアソコの摩擦を楽しみながら愛のあるキスを交わし、乳首もたっぷりと舐めながら激しく腰を打ちつけます。

今度は上を向かせて脚を開かせ、股間にも肉棒を押し付けて擦り付けます。
パンティと股間の間に肉棒を挟み込み、まるで愛し合うカップルのようにキッスをしながら激しく腰を動かしてしまいました。
彼女の太ももと股間で肉棒を挟むと本当にセックスしているかのような錯覚を覚えます。
そうこうしているうちにもう肉棒はパンパンに腫れ上がり発射寸前です。
最後は彼女のおまんこめがけて大量のザーメンをぶちまけてしまいました。
ものすごく興奮していたため非常に多くの精子が発射されているのが分かります。
彼女の大事な部分にべっとりと張り付いた濃厚な精子が流れていきます。
べっとりと染み付いてしまった精子をティッシュで丁寧にぬぐい取り、彼女のキャミを戻して布団をかけて何事もなかったかのように撤収しました。

フォーマット:MP4
時間:27分37秒

 

 

                                         You must Log In or Register to Access this content 

 

 

0

Comments are closed.